【トロントのどこでも買える食材で簡単レシピ】晩御飯のメインにどうぞ。

なんとかなる。

こんにちは。

トロントの現地スーパーマーケットに行くたびに、

“えのきとかシイタケとかキノコいっぱい食べたいな~”

“ぶりの照り焼き食べたいな~”

“刺身の盛り合わせ食べたいな~”

売っていないのはわかっているんです。それでも、あればいいなって思ってしまいます。

そんなトロントの現地スーパーマーケットでも簡単に手に入るのが白菜。

こちらはfood Basicsで1.68ドル/lbなので、これくらいの大きさであれば3~4ドルくらいで手に入りますがこの価格はちょっと高いと思います。安いところでは1.29ドル/lbくらいで売っています。

今日はこの白菜を使って簡単に作れる、晩御飯のメインとなれるおかずをご紹介。

我が家の定番メニューです。

白菜の包まないシュウマイ

白菜は、私的に使いやすい野菜No.1です。

お蕎麦を茹でて、けんちんそばの時にも使いますし、寒い時期は鶏肉で鍋もできます。ひき肉と白菜のあんかけ炒めなんかもよく作ります。

数ある白菜を使ったメニューの中でも妻氏に一番人気なのが、この白菜の包まないシュウマイです。

以下のレシピを参考に少しだけアレンジしているので、本日はその作り方をご紹介いたします。

参考レシピ:https://oceans-nadia.com/user/143021/recipe/401602

ビールにも最高に合いますよ。

材料(約2人分)

  • 白菜 好きなだけ(今回は半玉使いました。)
  • 豚ひき肉 200~300g(豚ひき肉が無かったので今回は合いびき肉)
  • しょうが 1かけ(多くてもおいしいです。)
  • 醤油、ごま油、塩、ほんだし それぞれ適量
    ※ほんだしは無くても全然OK
    ※ごま油だけはアジア系スーパーで購入をお願いします。

作り方

1)しょうがをみじん切りにしてボールへ

2)白菜の固い部分をみじん切りにしてボールへ

3)ひき肉もボールへ

4)白菜の葉っぱの部分はフライパンへ敷き詰める

5)ボールに醤油とごま油を大さじ1程度、ほんだしと塩を少々入れて混ぜる

6)フライパンの方にもごま油を回し入れ、塩とほんだしを少々

7)ボールの具材を一口大にして、白菜の上に置いていく

8)蓋をして中火~弱火で15~20分ほど蒸す

以上です。

参考レシピよりも濃いめの味付けが好きだったので、ほんだしとしょうがを加えてみました。

最近は二人でハイボールを飲むので、お酒にもピッタリの味付けになっています。もちろん、白いご飯も進むお味となっていますよ。

ポイント

本当はカラシと醤油で食べたいところですが、ここはトロント。現地スーパーマーケットで手に入れるなら、マスタードで十分です。

私は今回、マスタードとカラシについて調べるまでそれらの違いを知りませんでした。

参考:からしとマスタードの違いを解説 – 原材料や製造方法など

マスタードをたっぷりつけて食べてください。

まとめ

毎晩の夕食作り、何を作るか本当に悩みますよね。私の場合、お昼頃から冷蔵庫の中身を思い浮かべて、晩御飯のおかずを考えています。

同じように今日の夜ご飯に悩む方、おすすめのメニューがあれば教えてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA