【ワーホリの味方 楽天モバイル1GB以下無料が終了】今までが凄すぎた。

なんとかなる。

こんにちは。

かなりの反響を呼んでいるこのニュース。

私も最初はビックリしました。楽天ユーザーの私にとって、楽天ゴールドカードの改悪や楽天証券の改悪などが続き、いつかは楽天モバイルも来るだろうとは思っていましたが、思っていたよりも早かったですね。

今日はワーホリや海外留学の強い味方、楽天モバイルの改悪について、本当に改悪なのか少し考えてみようと思います。

楽天モバイル新プラン(7月1日~)

引用:楽天モバイル公式サイト

つまり、今までは1GB以下のデータ使用量であれば無料だったプランが廃止され、3GBまでなら月額980円となるわけです。

その代わり、ポイントキャッシュバック等をしますよ、というのが今回のプラン変更に対する楽天の対応になります。

楽天モバイルの海外ローミング使用2GBの無料はすごい

私たちはトロントに住んで8カ月となりますが、現在も楽天の海外ローミングにお世話になっています。

私は現地のSIMを4GB契約しているので、楽天を1GB未満に抑えて無料で使用し、現地SIMと併せて5GBを1か月で使っています。

妻氏はほとんど外出先でモバイルデータを使用しないので、楽天の海外ローミング2GBのみでここまで過ごしてきています。

つまり私は月額0円、妻氏は月額980円で楽天モバイルを使っているということになります。

注意しなければいけないのは、海外ローミングに対する使用量は無料ではありますが、海外ローミングで使用したデータ量は、楽天のモバイルデータ使用量に含まれるということです。

【楽天モバイル】

日本の電話番号を保持するには

まず、今までの楽天がお得過ぎたのだと思いましょう。

1GB未満まで海外ローミングが無料で使えて、基本料金が無料というのはさすがに無理があったのだと思います。

基本料金が0円というのは他にpovo2.0がありますが、海外ローミングは現在対応していません。また、基本使用料0円のままでトッピング無し(自分の好きなようにプランを組み合わせる)ではモバイルデータも一切使用できないので、番号を残すという理由だけでpovoに移るのは微妙な気がします。

2022年5月14日現在

引用:povo公式サイト

また、大手キャリアで電話番号を保持するにも、保管料が月額400円程度に加え、事務手数料が1,000円~2,000円とかかってしまいます。

参考:ドコモ au ソフトバンクの電話番号保管・一時休止の料金一覧 維持費0円にする方法

全ての携帯会社を比較したわけではないので、他にもプランはあると思いますが、私たちはこのまま楽天モバイルでいいかなと思っています。

7月1日~8月31日までの2カ月は1GB以下無料が継続され、それ以降の2カ月は1GB以下の場合、ポイントキャッシュバックがあるそうなので、最後の恩恵を受けたいと思います。

引用:楽天モバイル公式

これからワーホリや海外留学をされる方には

改悪後も楽天モバイルは有力な選択肢なのではないでしょうか。

少なくとも、トロントのSIMは安くても30~40ドル程度します。それだけ支払っても4GB~8GBのデータ使用量です。(通話は無制限)

現代のスマホユーザーにとって10GBはあっという間ですよね?

そこで、日本の番号を維持しつつ、海外ローミング2GBまで使って月額980円はお得だと私は思います。

また、他の国に旅行に行った際も、主要な都市であれば楽天モバイルの海外ローミングが使用できます。

参考:楽天モバイル海外ローミング対応エリア

私たちも、6月頃にニューヨーク旅行を計画しているので、その時は楽天モバイルの海外ローミングを活用しようと思います。

まとめ

ツイッターやニュースでかなり話題となっている、楽天モバイルの改悪。

状況は人それぞれなので、情報を精査して自分の納得がいく使い方ができればいいと思います。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA