【日本へ帰国】トロントピアソン国際空港の混雑状況と日本入国状況

なんとかなる。

こんにちは。

無事、PCRの陰性証明書も取得でき、2022年8月18日に1年間生活したトロントを旅立つことができました。

私自身、ツイッターやブログを通して様々な情報を得ることができました。私も情報共有の一端を少しでも担えればと思い、トロントピアソン国際空港の混雑状況と、My SOSを用いた日本への入国手順を記録に残したいと思います。

トロントピアソン国際空港 混雑状況

9:00頃のピアソン国際空港 チェックインカウンター付近の様子。

【フライトプラン】

航空会社 エアカナダ

出発時刻 2022年8月18日(木) トロントピアソン国際空港発 13:50

到着時刻 2022年8月19日(金) 成田空港着 16:10

午前9:00 トロントピアソン国際空港に到着

UP Expressのピアソン国際空港駅

当日はUP Expressを使って空港まで向かいました。

UP Expressはユニオン駅からピアソン国際空港までを繋ぐ特急電車で、その区間を30分ほどで移動することができるので、空港へ向かうには便利な手段だと思います。

料金はPRESTOカードによる支払いで、下記のような料金体制となっています。

午前9:20 チェックインカウンターにてチェッイン・荷物の預入

キオスクは日本語対応可能でした。

手前にあるキオスクで荷物の登録を済ませ、そのあとカウンターでチェックイン手続きを行いました。

受付カウンターは6カ所開いていました。

この時間、人はほとんどおらず、並んだ時間は約20分。

受付スタッフの方にパスポートを見せると、My SOSのQRコードが必要と言われ、登録が済んでいなかった私たちは、その場で急いで登録。

My SOSは前日には登録しておきましょう。

キオスクで登録した荷物をここで預けます。

お土産でパンパンの預入荷物たち

2022823日以降に発券された航空券では、2個目の預入荷物が有料となります。(これまでは23kg以内の荷物を2個まで預けることが可能でした。)

これから帰国をお考えの方や、これから留学を考えていらっしゃる方は早めに航空券の購入をお勧めします。

参考:AIR CANADA Baggage Fee Changes

午前1000 Booster Juiceにて小休憩

フレッシュなスムージーを飲むことができます。

妻氏がどうしても飲みたかった、Booster Juiceにて30分ほど小休憩。

調べてみると、トロントにはたくさんの店舗がありますね。Woodbine Beachにもあります。

午前10:40 手荷物検査に並ぶ

人が集まりだしてきました。

少し人が増えたように感じましたが、列は比較的スムーズに進み、30分ほどで手荷物検査を通過。(お土産のメープルバターが100 mlを超えており没収されてしまいました。ショック。)

午前11:30 搭乗口近くのロビーに到着・待機

ラウンジ周辺は食べ物屋さんも多くて、時間は潰せると思います。

ここまで約2時間半。思ったよりも順調にここまで到達できて一安心。空港スタッフの人員不足が取り沙汰されていたので不安ではあったのですが、そこまで人手が不足している印象は受けませんでした。

午後12:20 My SOSの審査が完了(赤色から青色になる。)

Mu SOSアプリ 審査完了後の画面

アプリでQRコードを表示。

登録から約2時間。My SOSにて行った一通りの申請が審査され、承認されました。

以下、アプリ(WEB上を含む)で行った申請内容です。

  • 質問票の記入
  • 誓約書
  • 接種証明書のアップロード(PDF可)
  • 陰性証明書のアップロード(PDF可)

My SOSが日本到着前に青色になっていると、事前に検疫を終えたこととなるため、入国がスムーズになります。

14時間のフライト

無事に搭乗を済ませ、日本へ向けて出発。機内は満席でした。

軽食を合わせて3食の提供がありました。

成田国際空港 到着後の手順

乗り継ぎの方が優先で降り、そのあとに降りることになります。

通路を案内に沿って10分ほど歩きます。

飛行機を降り、道なりに歩いていくと、My SOSの準備を促すスタッフの方々が随所におられます。

アプリを起動して、画面を表示しておきましょう。

※アプリをすぐに起動するには、データ通信が必要だったりして焦るので、事前に青色の画面をスクリーンショットしておくといいと思います。

検疫エリアでは撮影禁止のため、以下手順のみ記載します。

入国フロー

検査判断シート

青色の紙

上記の工程が、飛行機を降りてから30分かからずに完了しました。

私たちの乗った飛行機は満席だったのですが、ほとんどが乗り継ぎの乗客で日本へ入国される方が少なかったように思います。それを差し置いても、手続きは簡略化されており、とてもスムーズに入国することができました。

預入荷物の受け取り

入国審査後はドキドキの預入荷物回収。

ロスバケせずに日本に来てくれてありがとう~。

ここまででようやく一安心。無事に日本へ帰国することができました。

まとめ

2022年8月19日現在では、My SOSの登録を終え、審査が無事に完了していれば、非常にスムーズな入国が可能です。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
あとはPCR検査が無くなることを祈るばかりですね。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA