【ニューヨーク旅行】楽天モバイル 海外ローミングの使用感

なんとかなる。

こんにちは。

私たちは二人とも楽天モバイルを使用しており、トロントでも海外ローミングと現地SIMを合わせて使っています。

楽天モバイルのプラン変更が7月1日から始まってしまいましたが、海外旅行の強い味方であることに変わりはありません。

今回のニューヨーク旅行でも大活躍だったので、ニューヨークでの楽天モバイル使用感について書きたいと思います。

【楽天モバイル】

空港到着時は問題無し

空港ではWi-Fiが繋がるので、まずは心配ありません。

速度も速く、快適なFree Wi-Fiでした。

しかし、そこからニューヨークまでの移動時に楽天モバイルの海外ローミングが大活躍。

正直、モバイルデータが繋がらなければ、ニューヨークまで辿り着けなかったかもしれません。

ニューヨークでの楽天モバイル通信速度

場所によりますが、Googleマップやちょっとした検索などをするには全く問題ありません。

しかし、以下の場所は接続が途切れたり、速度が遅いことがありました。

  • 地下鉄の駅(駅と駅の間は電波が無くなることがほとんど)
  • 川の近く(マンハッタン橋周辺を観光しているときは電波が悪かった)

地下鉄の駅でも電波が繋がるのはさすがのニューヨーク。

トロントは繋がらないですからね。

ニューヨークのWi-Fi事情

バスやお店のFree Wi-Fiがあるので、Wi-Fiだけでも何とかなるかもしれません。

しかし、ネットが必要になるのはほとんどが外にいるときです。Googleマップなどを調べるにはやっぱりモバイルデータがあった方が、断然旅が楽になります。

現地用のデータSIMカードは空港に売っていたので、楽天モバイルでない方はモバイルデータSIMを準備していくことをお勧めします。

Googleマップが使えれば、何とでもなります。

バス移動が便利

新しいタイプのバス

ニューヨークを移動していて思ったのはバスが便利だということ。

ニューヨークのバスには比較的速度の安定したFree Wi-Fiが設置されています。

たまに遅いときもありましたが、Wi-Fiが接続できなくても、モバイルデータが安定した速度で使えます。

ネット環境や移動の利便性を考えると、私たちはバスでの移動をメインに使っていました。

新しいタイプのバスにはUSB端子があるので充電もできました。

こちらのタイプはWi-Fiはありますが、USB端子はありません。

余談ではありますが、ニューヨークの地下鉄はエスカレーターが設置されている駅が少ないので疲れます。

6日間で使ったモバイルデータ量

かなり頻繁にGoogleマップを使いましたがこの程度でした。

ニューヨーク旅行中のモバイルデータ使用量は1.22GBでした。(6月24日~6月29日)

主に使った内容は

  • シェアバイクのアプリ
  • Googleマップ
  • お店のレビュー確認
  • Twitter
  • ちょっとした調べもの

楽天モバイルの海外ローミング自体は2GBまで無料です。
※2GB以降は1GBにつき500円。

6月分の使用量は更新されてしまったので、上記は7月分の使用量です。

従って、楽天モバイルデータプランの料金体系(3GBまで)に基づき、1,078円(税込み)でなんの手続きも無く、アメリカでモバイルデータを使うことができました。

まとめ

正直、楽天モバイルの1GB以下無料が無くなったのは悲しかったですが、それでも尚、海外旅行の強い味方であることに変わりはありません。

たった1,000円で快適な海外旅行が手に入る楽天モバイル。

海外旅行をよくする方には、まだまだ主力のSIMカードとなりそうです。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA