【ニューヨーク旅行】ちょっと休憩できる軽食スポットをご紹介①

なんとかなる。

こんにちは。

旅行って楽しいのですが疲れますよね。実際私たちも、毎日のように2万歩前後を歩いていました。

2022年6月24日~6月29日で行ってきました。

しかし、休憩のために毎回カフェに入っていると、物価の高いニューヨークでは致命傷となります。(旅行中1度だけ妻氏がスタバでソイラテを頼んだら円換算で1,000円弱でした。)

そのため私たちは常に水筒を持参。

私たちの中では、この旅で最も持ってきて良かった物

水があれば何とかなります。

給水スポットを見つけたら必ず補給しましょう。真夏のニューヨークは思っている以上に暑かったです。(日本よりは全然マシ。)

Katz`s Delicatessenのウォーターサーバー

それでも、ゆっくりと腰を据えて休みたいときはありますよね。

せっかくお店に入るのであれば、下調べで見つけた、行ってみたいお店で休む方が間違いなく満足度は高いと思います。

今回は妻氏が事前に調べていた中で、実際に行ってきたドーナツ屋さんや喫茶店をご紹介。

どれもかわいいお店で、雰囲気最高でしたよ。

ブルックリンエリアにある軽食スポット

Fan Fan Doughnuts

こちらはブルックリンのクリフトン・ヒルというエリア付近にあるドーナツ屋さんです。

私たちが向かったのは、観光初日の10時頃。

住宅街の一角にあります。

初日はシェアバイクでの移動だったので、家から自転車で15分ほどのFan Fan Doughnutsでモーニングをすることに。

メニューだけでなく、実物もあるので選びやすい。

店内はとてもおしゃれで、ドーナツを作っているところを見ることができます。

ドーナツは一つ3.5ドルで、コーヒーは約5ドルといきなりニューヨーク価格を見せつけられましたが、行きたかったところなのでそこまで気になりません。

お店の外にあるベンチで食べるドーナツは最高においしかったです。

二人とも安パイな定番ドーナツを頼むという冒険心の無さ。

Brooklyn Farmacy & Soda Fountain

こちらはブルックリン西部のコブル・ヒルというエリアにある、昔ながらの喫茶店。

周辺に何があるってわけでもない住宅街なので、このお店のためにここまで来ることになるのですが、雰囲気最高の素敵なお店でした。

インスタもかなりのフォロワー数です。人気店なのがわかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brooklyn Farmacy(@brooklynfarmacy)がシェアした投稿

私たちが注文したのは、WARM BROWNIEとBISCUITS&BERRIES。

二つともかなりのボリュームで、お値段はどちらも税抜き13ドル。

写真奥が妻氏の頼んだWARM BROWNIE

超甘党の私はペロリと間食できましたが、妻氏の頼んだWARM BROWNIEは濃厚なブラウニーとアイスと生クリームのトリプルパンチ。かなりおもかったようで、残りは私がいただくことに。

二人でシェアでも十分満足できる大きさだと思います。

Peter Pan Donut & Pastry Shop

こちらはブルックリン北部グリーンポイントにあるドーナツのお店。

このエリアには、おしゃれな雑貨屋さんや古着屋さんが多く、妻氏が今回の旅で特に楽しみにしていたエリアでした。

日本で買ったら高そうな家具がいっぱい。

色々なお店を回って疲れたときに、ちょっと休める気軽なドーナツ屋さんで、ドーナツの価格やコーヒーの価格もかなり安い。(ドーナツ1.5ドル、アイスコーヒー2.5ドル)

多くの人で賑わっていました。

カウンター席で10人ほど座ることができる店内は、レトロでとても素敵でした。

ここでも冒険はせず、生クリームの入った定番ドーナツ。味は正直に言うと普通でした。

ミスドのエンゼルクリーム的な感じ。

後から知ったのですが、なんとこちらのお店、スパイダーマンヒロイン役が映画の中で働いている設定のお店だったみたいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西野入流佳(@rukanishinoiri2019)がシェアした投稿

まとめ

今回はブルックリンエリアの小休憩ができる軽食屋さんを紹介しました。どれも雰囲気が良くて、アメリカを感じられるお店でしたよ。

次回はマンハッタンエリアの軽食屋さんをご紹介。おいしいアイスとタコス、ドーナツ屋さん(ドーナツ屋さん行きすぎ。)を紹介しようと思います。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA