【ニューヨーク旅行】ちょっと休憩できる軽食スポットをご紹介②

なんとかなる。

こんにちは。

最近は少し夏バテなのか、体調を崩している妻氏。

日本食がとても恋しいようで、現在は薬味たっぷりのソーメンに山菜の天ぷらが食べたいと言っています。

あと1カ月の辛抱ですが、同時にトロントを離れてしまう寂しさが強くなってきてもいます。

これから少しずつ帰国の準備を始めていこうと思います。

さて、本日はニューヨークの軽食スポットの続きで、マンハッタンにある、おしゃれでおいしいアイスクリーム屋さんと、今まで食べた中で一番おいしかったタコス、旅の最後に食べたドーナツ屋さんをご紹介。

マンハッタン

Morgenstern’s Finest Ice Cream

Katz`s Delicatessenが混んでいたので、時間調整のために向かったのが、Morgenstern’s Finest Ice CreamというマンハッタンのSOHOエリアの少し北にあるアイスクリーム屋さんです。

SOHOエリアはニューヨークの中で最も安全なエリアの一つで、芸術的でクリエイティブな、ブティック、ギャラリー、レストランなどで知られるエリアとなっており、何となくマダムっぽい人が多かったように思います。

お店のパティオにてマダム風に決めている妻氏

店内は白を基調として内装となっており、とてもおしゃれな店内。

よくわからないけど、なぜかおしゃれ。

アイスのメニューは種類が多すぎて、注文時にパニックになります。

事前に公式サイトでフレーバーを確認して、食べたい味を決めていくことをお勧めします。

英語がスラスラ読めないので、メニューの把握に時間がかかりました。

私たちは、HAZELNUT CARAMEL(夫氏)とBANANA FROSTED FLAKES(妻氏)を注文。

どこのお店でもあまり挑戦はせずに、大好きなキャラメルアイスとナッツの組み合わせを頼んでしまう私。

間違いないおいしさでした。

中には塩気の効いたカリカリのカラメルヘーゼルナッツがゴロゴロ入っています。(個人的にはもう少し少ない方がアイスを楽しめてよかったかも。)

塩気とキャラメルって最高の組み合わせだと思います。

キャラメルとナッツの組み合わせが好きな方にはおすすめできる一品です。

妻氏の食べたアイスは、バナナ味のアイスにコーンフレークが加えられた安定のおいしさ。

バナナ味は安定です。

どちらのアイスも6.25ドル。チップを含めると2人で16ドルくらい。高いですね。

なぜか妻氏の頼んだバナナアイスは量が少なめでした。

アイスはパティオの席で食べることになるのですが、席はそこまで多くありません。(10~15席くらい)

LOS TACOS No.1

こちらはニューヨークマンハッタンに5店舗あるタコスのお店です。

マンハッタンの北から南まで店舗があります。

トロントでもタコスは食べていたのですが、味はニューヨークで食べたここのタコスが一番のおいしさでした。

メニューはこんな感じ。

お手頃の値段に感じるけど、税とチップと円安でいいお値段になります。

注文カウンターには何やら不思議な手作りのドリンクが置いてあります。タコスを注文した時、ドリンクはこの手作りドリンクをお勧めされました。

大きな瓶に入った手作りドリンクで、3種類の味がありました。

これは何?と聞くと

メキシカンソーダとのことで、なにやらスパイスがたくさん入ったドリンクらしい。(色々説明されましたがほとんどわからない。)私たちがわからなそうな顔をしていたからなのか、小さなコップで味見をさせてくれました。

味は炭酸少な目のコーラのような今まで飲んだことのない味。(正直ちょっと苦手な味でした。)

味見だけで十分満足したので、コカ・コーラを注文。

タコス2つと、コーラ2本を合わせて二人で約20ドル。(税チップ込み)

ソースがとてもおいしかったです。

サルサソースやライムは無料でトッピングできます。

食べた後に無料トッピングがあることを知りました。

こちらのタコス、ランチとしては量が少ないので、小腹が空いたときのおやつとして食べるのがいいかもしれません。(ニューヨーカーはランチなのか、おやつなのかは不明ですが、タコスを4つも食べていました。)

また、店内は立ち席しかないので、休憩場所としては微妙かもしれません。

店内にあるカウンター席に椅子はありません。

The Donut Pub

ニューヨーク旅行最終日、最後に向かったのがThe Donut Pubというドーナツ屋さん。

店内にはカウンター席が約10席と外にはベンチとテーブル席が2つあります。

店内の写真は撮り忘れました。

ここでは、手作り感満載のフレンチクルーラーとクロワッサン生地のドーナツを注文。

フワフワなフレンチクルーラー

クロワッサン生地のクロワッサンドーナツ

どちらもグレーズ(溶かした砂糖)がかかったドーナツで、定番の味。ここでもやはり冒険はできませんでした。

冒険するなら、Maple Baconというカリカリのベーコンがトッピングされたドーナツがいいかもしれません。

陳列棚の上部にあるので、おすすめメニューなのだと思います。

しょっぱ甘いは間違いなくおいしいとわかっていたのに、ドーナツにベーコンがどうしても受け入れられずに挑戦できませんでした。

値段設定は、普通のドーナツが2.75ドル、クロワッサン生地のドーナツは5ドルとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Donut Pub NYC(@thedonutpub)がシェアした投稿

個人的に、クロワッサン生地のドーナツは少し変わった触感だったので、新鮮に楽しむことができました。

少し高いですが、クロワッサン生地のドーナツがおすすめです。

まとめ

ニューヨークマンハッタンで小腹が空いたときや、少し休憩したいときに寄れる軽食スポットを紹介させていただきました。どうせ休憩するなら、おいしくてテンションの上がる場所で休憩しちゃいましょう。

どこのお店も、味は間違いない人気店なので自信をもっておすすめできます。

ニューヨークに行った際は是非訪ねてみてくださいね。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA