【いつもの平日】こんな一日がほとんど。

なんとかなる。

こんにちは。
現在のトロント、日没は19時半ころなので、暗くなったらあっという間に寝る時間です。

日本の夏のように外が明るいのに、気温は一桁台。
サマータイムに体が追い付いていません。

17時ころのトロントのハイウェイ入口でまだまだ明るい

これから更に日没は遅くなり、夏には9時過ぎまで明るいとのこと。

少しでも暖かくなると、カナディアンは待っていましたとばかりに外出を始める印象です。
外でコーヒーを飲みながら話しをしたり、まだ気温は一桁台ですが、半袖で外を歩く方もいます。

これから夏に向けてさらに活気のあるトロントになりそうで楽しみです。

また、コロナの規制もだいぶ緩和され、3月21日からほとんどの屋内施設(公共交通機関を除く)でマスクの義務化が解除されました。
4月末にはパンデミックの規制のほとんどが解除される予定とのことで、トロントはコロナ前の生活に完全に戻ろうとしています。

参照元リンク:https://lifetoronto.jp/2022/03/news/142773.html

先日、カフェに行った際もマスクをしているのは数人で、店員さんもマスクをしていませんでした。

夫氏のバイトがある日の一日

できるだけ毎日、皆様に少しでも役に立つ情報をブログにできればと思うのですが、そんなに毎日特別なことがあるわけではありません。

1週間のうち、5日間はバイトをしているのでほとんどが下記のような1日を過ごしています。

  • 7時起床
  • 7時半のバスに乗車
  • 8時半~16時半ころまで仕事
  • 帰宅途中のスーパーで買い物
  • 18時ころから夕飯の支度・夕食
  • 22時ころまでYoutubeやNetflixなどの自由時間(毎日の晩酌は欠かせません。)
  • お風呂
  • 23時ころ就寝

英語のモチベーションが上がっているときであれば、1~2時間くらい勉強をするのですが、現在は英語のモチベーションはゼロ。

私たち夫婦は、英語に対する具体的な目標が無いというのが原因なのか、モチベーションゼロの期間が定期的にやってきます。

ネイティブとの会話後に、一時的に勉強意欲は沸くのですが、それも束の間。継続できる方って本当にすごい。尊敬します。

最近は夕食後の時間をブログの執筆に使っているので、それを理由に現実逃避です。

妻氏の仕事がある日の一日

妻氏の場合は、日本の仕事をリモートで行っています。
そのため、朝は比較的ゆっくり起床し、週4~5日の仕事をしています。

家での仕事は捗らないようで、普段は近くの図書館に行って仕事をしています。

トロントの図書館は誰でも自由に出入りが可能で、フリーWi-Fiがあるため、仕事や何か作業をするにはおすすめです。

写真はダウンタウンの大きな図書館ですが、私たちの住んでいる近くにも2か所ほど図書館があります。

作業ができる机の数や図書館の環境などは、それぞれの図書館で異なるので、ご自身でお気に入りの図書館を見つけることをお勧めします。
※特に入場カードなど無く、誰でも簡単に入れるので、ダウンタウンの図書館には結構変な人が入ってきて、セキュリティの人と口論になっているのをよく見ます。

とりとめのない文章となってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。

以上、ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA