【陸路でアメリカへ】アーミッシュの暮らす町 オハイオ州ベルリンへ行ってみた

なんとかなる。

こんにちは。

皆さんはアーミッシュという言葉を聞いたことがありますか?

私は妻氏から聞くまで知らなかったのですが、アメリカやカナダで暮らすキリスト教のグループで、現代のテクノロジーに頼らず、時給自足をして暮らす人たちのことを言うそうです。

そして、今回の目的地であるオハイオ州レバノンへ行く途中に、アーミッシュの暮らす町ベルリンはあります。

残念ながらベルリンに到着したのが、夜遅くになってしまったため、お店などには入ることができませんでした。

観光というほどのことはできなかったのですが、町の様子だけでも十分に楽しめたので、その様子をご紹介したいと思います。

アーミッシュとは

【Wikipedia引用】

アーミッシュは、アメリカ合衆国のペンシルベニア州や中西部、カナダのオンタリオ州などに居住するドイツ系移民(ペンシルベニア・ダッチも含まれる)の宗教集団である。アメリカのキリスト教者共同体であり、 移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足生活をしていることで知られる。原郷はスイス、アルザス、シュワーベンなど。2020年時点での推定人口は約35万人とされている。

アーミッシュは現代のテクノロジーの便利さを知りつつも、それらに依存していません。移民当時の暮らしをできるだけ守るため、現代のテクノロジーを取り入れる際は、そのテクノロジーがもたらす生活の変化を吟味し、慎重に取り入れています。(テクノロジーを頑なに拒否しているわけではありません。)

参考:アーミッシュとは

そのため、テレビやパソコン、電子レンジや掃除機などは無く。移動手段は馬車。

服装はシンプルで、簡素さを大切にした暮らしを送っています。

参考:アーミッシュの服には300年の歴史と、彼らの信念が詰まってる

また、アーミッシュキルトが有名で、無地の布をパッチワークして作られる、カラフルで幾何学的なデザインが特徴です。

アーミッシュの暮らす町 ベルリン

トロントから車で約7時間(国境超え滞在1時間半を含む)、オハイオ州にベルリンはあります。

ベルリン付近に到着したのは19時半。お腹が減ってきたので、途中で見つけたお店で軽食を取ることに。

Dalton Dari-ette

ベルリン手前でガソリンや食事を済ませておくといいかもしれません。

そこにはなんと、アーミッシュの服を着た人が。(まだベルリンまでは少し遠かったので、まさかいるとは思いませんでした。)

勝手に写真は撮れないので、残念ながら写真は無いのですが、妻氏は大興奮。テンションが上がってきたので、アーミッシュの暮らすベルリンに向けて再出発。

ベルリンに近づいてくると、だんだんと牧草地帯になってきます。すると、アーミッシュの移動手段である馬車を発見。

馬車が車道を普通に走っているので、気を付けて運転しましょう。

夕暮れと相まって、とってもエモい。

とってもゆっくりとした時間がそこには流れていました。

アーミッシュの方々もとても気さくで、馬車に手を振ると、笑顔で手を振ってくれます。

子供たちの馬車は小さくてとってもかわいい。屋根付きの馬車は大人にならないと乗れないみたい。

暗くなるまでの約1時間の滞在ではありましたが、アーミッシュの暮らしを少しだけ垣間見ることができました。

羊たちがとってもかわいい。

広大な牧草地帯に住む、アーミッシュの方たち。私たちには想像できない、心豊かな生活を歩んでいるのだと思います。

まとめ

とても素晴らしい場所です。言葉では言い表すことができない、特別な時間がそこには流れていました。

自分たちの生活を見直すいい機会になると思います。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA