【食材の買い出し】おいしい日本米はこれ。

なんとかなる。

こんにちは。

今日は寒いですね。
4月も終盤に差し掛かっているのにも関わらず、冷たい雨が降り始め、夕方からは雪に変わりました。

トロントはもう少し寒い日が続きそうです。

さて、本日は何もない休日(妻氏はオンライン授業)のため、私は最近トロントに来た日本の友人とスンドゥブを食べてきました。

Buk Chang Dong Soon Tofu

こちらのお店、グリーンラインのChristie駅のすぐ近くで、おいしいスンドゥブが食べられるのでお勧めです。

価格も15ドルくらいで、消費税とチップを合わせても2人で38ドルくらいなので比較的良心的なお値段。

Christie駅周辺はコリアンタウンなので、韓国料理好きであれば是非一度訪ねてみてください。

また、今日は帰りにfood Basicsで食材の買い出しをしたので、本日は買ったものの紹介をしたいと思います。

本日買ったものはこちら

左から

  • お米6.8kg(19.99ドル)
  • 24個入りのパン(2.99ドル)
  • マッシュルーム(2.48ドル)
  • LINDTのイースター用チョコレート(50%OFFで1.99ドル)
  • 板チョコ(1.25ドル)
  • コンタクトの洗浄液(こちらはSHOPPERSで21.68ドル)

お米(雪花)

タイトルで『おいしい日本米はこれ』なんて言いきってしまいましたが、実はこれしか試したことがありません。すみません。

しかし、このお米がおいしいということは間違いありません。

一応アメリカで作っているお米のようですが、味音痴の私たちにとっては充分なおいしさ。

こちらのお米、もちろんアジアンスーパーで購入することはできますが、家の近所のfood Basicsにも売っていました。

24個入りの食卓パン

これ、めっちゃ安くないですか?

これだけ入って2.99ドル。

今日はチキンカチャトーラを作ったので、こちらのパンでいただきたいと思います。

トロントに来て思うのは、パンの種類が豊富だということ。

こっちではマフィンや、ハンバーガー用のバンズがどこでも売っているので、マクドナルドのソーセージエッグマフィンやビックマックより豪華なハンバーガーが安く簡単に作れちゃいます。

マッシュルーム

これは日本と同じくらいでしょうか?

ただ、日本のようにシイタケやエノキなどのキノコ類が簡単に手に入りません。

トマト料理などにはマッシュルームはピッタリなのですが、鍋などの和食にはちょっと合わないですよね。

アジアンスーパーに行けば手に入らないこともないのですが、やはり高いです。

現地のスーパーでもエリンギは比較的見かける方かもしれません。

LINDTのチョコレート

LINDTのチョコレート、夫婦揃って大好きです。

これ、食べだしたら止まらないんですよ。

このチョコレート、イースター(キリストの復活祭)という祝日用に販売されているもので、4月17日の日曜日に祝日は終わっています。

なので、4月18日の月曜日には半額になっているという訳。

この他にも、ハロウィンやクリスマス後には、余った大量のお菓子が安くなっていたりするので、お菓子好きな方は狙い目ですよ。

ハロウィン後に買った、お菓子の家(1ドル)

板チョコ

これはただの板チョコです。このチョコレート、結構おいしくて安いのでお気に入りです。

コンタクトの洗浄液

これは日本と比べると結構高いですよね?
日本だったら、2本セットで1000円くらいでしょうか。

トロントでは今のところ16~20ドル前後で売られていると思います。

そんなに頻繁に購入するものでもないので、そこまで気にする必要はないと思いますが、もし安いコンタクト洗浄液があれば教えてください。

まとめ

ワーホリや留学生の方は、トロントの物価が高いと聞いて、心配しているとは思いますが、実際の価格はこんな感じです。

これを安いと思うか、高いと思うかは為替の影響もあるので何とも言えませんが、最近の為替で、日本円に変換して考えてしまうと高いと感じるのかもしれません。

ワーホリや留学生活で一番大切なのは、心と体の健康です。

食に対して節約や我慢のし過ぎで、体調を崩しては元も子もありません。

自分の収入と支出を鑑みて、バランスよく無理なく健康な生活を過ごせるといいと思います。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA