【カナダのキャベツ】

 

なんとかなる。

こんにちは。

トロントでは週に1度、決められた日にごみ収集車が家を回ってごみを回収します。

分別は以下のようになっています。

  • リサイクル(青のごみ箱)
  • 生ごみ(緑のごみ箱)
  • その他ごみ(黒のごみ箱)

緑と黒のごみ箱。奥にちょっと見えるのが青いごみ箱。

要は、リサイクルに入れるべきごみの種類を把握できれば、あとは簡単ですよね。
生ごみかその他です。
黒と青のごみ箱は隔週で、交互に回収されます。
緑の生ごみは毎週回収です。

青のごみ箱に入れるもの

  • ガラス
  • 硬質プラスチック(飲料ボトルのふたなど)
  • 柔らかく、伸縮性のあるプラスチック(買い物袋など)
  • 金属(缶詰や飲料缶など)
  • 紙類(新聞など)
  • 紙の容器(牛乳のパックなど)
  • 段ボール
  • 発砲スチロール

詳しくは【City of Toronto】をご確認ください。

参照元:City of Toronto

トロントのごみ収集車

日本のごみ収集車と比べると、トロントのごみ収集車はとても大きく、収集の仕方も豪快です。

以下の動画をご覧ください。

アームで各家庭のごみ箱をガシッと掴んで、ポイっと。

それ自体は非常に効率がいいなとは思うのですが、如何せん各家の前にあるごみ箱を全てガシッと掴んで放り投げていかなければいけません。かなり時間がかかると思います。

ごみ収集の方々、毎日お疲れ様です。
ありがとうございます。

さて、本日はスーパーで気を付けるべき野菜についてお伝えします。

キャベツを買う際はTAIWANESE CABBAGE

一度、このキャベツを買ってロールキャベツを作ったのですが最悪でした。

隙間の無いほど中身がぎっしり詰まっており、とても固い。
まるで野球の硬式ボールのようです。

このキャベツを使って作ったロールキャベツ、嚙み切れません。しかも、2時間は煮込みました。それでもトロトロにはならず、しっかりと形を保つキャベツ。

カナダの方はこのキャベツをどう料理して、どうおいしく食べているのか。
気になります。

知っている方いらっしゃれば、是非教えてください。

なので、キャベツを購入するならこちら。

こちらのキャベツ、日本のキャベツと一緒です。中身も程よく詰まっており、シャキッとしています。少し甘味が足りないなと思うこともあるのですが、あのキャベツと比べてしまうと天と地の差です。

こちらのキャベツ、現地のスーパーでも買えますが、そこまで在庫があるわけではないので、見つけたら買っておきましょう。

なぜか、硬球キャベツは大量に在庫をしていることが多く、大きな段ボールに入ってセール品として売り出されていることが多いです。

まとめ

ごみの分別に関しては、最悪迷ったら黒いごみ箱に入れましょう。

しかし、地球の環境を考え、資源を大切にしなければいけなりません。
青いごみ箱に入れられるものはできるだけ覚え、地球のどこにいても、地球の環境保護に貢献できるといいですね。

キャベツはTAIWANESE CABBAGE。

これを買ってください。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA