【カナディアンウイスキー2本目】ハイボールにハマっています。

なんとかなる。

こんにちは。

元々はビールとワインを毎日飲んでいたので、出費を抑えるために始めたのがハイボール。

妻氏と共にハマってしまいました。

ほとんどの料理に合いますし、暑くなってきたトロントにピッタリの爽快感。

タコライスのスパイシーな感じにもピッタリ。

レシピはこちら→簡単タコライス

タコライスの味付けに使うカレー粉ですが、トロントで購入するならクミンパウダーがスーパーで2ドルくらいで買えるのでそれでOKです。

ウスターソースはトロントでは高級品ですので、我が家ではウスターソース無しで作ってます。
※ケチャップや醤油、塩コショウを少し多めに入れるといい感じです。

さて本日は、ウイスキーを購入しハイボールを飲むようになって、出費がどう変化したのか。

また、新しいカナディアンウイスキーを購入したので、その味をご紹介したいと思います。

気になる出費は

ワインを飲んでいた時は、1本10ドルくらいのワインを週に2本飲んでいました。

ワインとビールを毎週購入していた時は

  • ビール500ml×7本(1日1本)
  • 白ワイン750ml×2本(1日1杯~2杯程度)

という内訳で、週に40~45ドルほどのお酒を購入していました。

月に換算するとおよそ160~180ドル。

ビールとハイボールの場合(1か月換算)

  • ビール500ml×7本/週×4週=28本(今までと変わらず)
  • ウイスキー1140ml×1本
  • 炭酸水1,000ml×15本(1日0.5本)

※前回購入したウイスキーが1カ月弱で無くなったので、1カ月にウイスキー1本として考えます。

炭酸水1,000mlはスーパーで約1ドルで購入できます。従って、炭酸水にかかるコストは15ドル。ウイスキー1140mlは45ドル。(ビールは月28本で今までと一緒と考えます。)

ハイボールにかかるお金の合計は60ドルとなり、ワインを週に2本飲むときのコスト(20ドル×4週=80ドル)よりも安くなることが判明しました。

実際はもう少し炭酸水を購入している気がするので、ワインと同じくらいかもしれませんが、同じコストだったら私はハイボールを選びます。

アルコール量が減った(気がする)

ウイスキー原液を少量で飲んでいるので、15倍~20程度にアルコールが薄まっていると思います。

40%のウイスキー原液が20ml(適当)に対して、300~350mlくらいの炭酸水で割っているので、アルコール度数はかなり少ない(はず)です。

加えて、ワインよりも水(炭酸水)を多く接種するので、翌日の体調がいい感じです。

炭酸の爽快感に満足し適度な酔いなので、ハイボールにどっぷりハマってしまっています。

妻氏とお酒を一緒に飲むことができ、体にも良く(そんな感じがする)、経済的にも良いので、ウイスキー購入時の初期投資は少し高く感じますが、ハイボールおすすめです。

今回購入したウイスキーはこちら↓

FORTY GREEK
BARREL SELECT

FORTY GREEKというウイスキーはナイアガラ近郊で製造されているカナディアンウィスキーです。

FORTY GREEKはかなり新しいウイスキー蒸留所で1992年に創業、8年の歳月をかけてこのウイスキーを生み出しました。

その後、ウイスキー愛好家の支持を受け急速に広まり、数々の賞を受賞したそうです。

参考:FORTY GREEK

そんなことも全く知らずに購入した今回のウイスキーですが、本当においしくてびっくりしました。

前回のRoyal Crownの時もそうだったのですが、今まで飲んでいた日本のウイスキーとは違って甘味が感じられ、まろやかな感じなのです。

それでいて癖のないコクがあり、ハイボールにするととても飲みやすくて、妻氏も大満足。

匂いはまるでメープルシロップのよう。(言い過ぎかもしれませんが、それくらいいい匂いです。)

たった30年でここまで認知されたウイスキーになったのも納得です。カナディアンウイスキー最高。

カクテルのレシピも

FORTY GREEKのホームページにはそれぞれのウイスキーにピッタリのカクテルレシピまで掲載されています。

引用:FORTY GREEK

また、インスタグラムやツイッターなどのSNSにも取り組んでおり、マーケティングにも力を入れている(いた)のだろうと思います。(今はそんなに更新はされていませんでした。)

まとめ

実はまだカナディアンウイスキーをロックで飲んでいません。

とてもおいしいウイスキーなので、ハイボールで飲んでいていいのかと飲むたびに自問自答しています。

ロックで美味しく飲める大人になれた時は改めて記事にしてご報告したいと思います。

そして、残念ながらFORTY GREEKは日本では購入できないようなので、トロントに来た際は是非トライしてみてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA