【夫婦で海外体験】30歳夫婦のカナダワーホリ挑戦

なんとかなる。

初めまして。30歳で仕事を辞め、夫婦でカナダのワーホリに来ているけせらせら夫婦です。

まず始めに、こちらのブログ
【ワーホリや語学留学時の有益な情報ブログではありません!】

私たち自身、エージェントには頼まずに、情報をまとめてくださっているブログやTwitterの情報を頼りにビザ申請からカナダでの生活までのほとんどを行ってきたため、上記のように情報を発信していただいた方々には本当に感謝しています。

そして現在、カナダでのワーホリ生活も半年が過ぎ、思い描いていいたようなキラキラなカナダ生活はほとんどなく(全体の10%程・・・)淡々とした日々が過ぎていました。 そんな淡々とした日々でも、日々の体験をブログに残すことで、誰かの参考や誰かのちょっとした気晴らしに貢献できるんじゃないかと考え、このブログを始めました。(主に執筆活動は夫氏が担当します。)

夫氏プロフィール(簡単に自己紹介をさせてください。)

  • 1990年生まれ。
  • 公立高校まで卒業後、国立大学の理系で4年間を過ごす。
  • 都内で建築業界一部上場メーカー企業の営業として8年間の激務に耐える。
  • 2020年7月に10年ほどの付き合いを経て妻氏と結婚。
  • 妻氏の海外志向に徐々に影響を受け、ワーホリについて調べ始める。
  • このまま65歳まで仕事は無理と考え、2021年9月から1年間のお暇を決意。(とりあえず海外に住んでみたいだけ。)
  • 決意したはいいが、英語は中学校で止まっている。
  • 現在、カナダのジャパレス(日本語環境)で働き、買い物や飲食店での英語は何とか聞き取れるように。

妻氏プロフィール(夫氏の主観で書きます。)

  • 1990年生まれ。
  • 都内で営業事務兼、ECサイトの運営(現在もリモートで日本の仕事を継続中。)
  • イギリスのワーホリに落選(夫氏は当選!)し、消去法でカナダへ。
  • 欧州への憧れが強く、カナダのあとはオランダに住んでみたいとのことで画策中。
  • 出発時の英語は夫氏と同じく中学レベル。(現在はオンラインの語学学校に通い、レベルアップ中。)
  • 睡眠と食べることが何より大好きで、毎日10時間の睡眠は必須。

なんとかなる

漫画 シャーマンキング 麻倉葉の言葉

【なんとかなる】、昔読んだシャーマンキングという漫画の主人公【麻倉葉】の口癖みたいなものです。当時、小学生ながらこの言葉が妙に気に入り、よく自分に言い聞かせていたように思います。この言葉は決して諦めの言葉ではなく、無理をせずにやるべきことをしっかりやっていれば、あとはなんとかなるという意味が込められております。

引用元:シャーマンキングの登場人物-Wikipedia

その日を何とかこなす日々

社会人となり日々の業務に追われる中で、新しいことへの挑戦は次第に無くなり、【その日を何とかこなす日々】が続いておりました。このままでいいのかと考えることさえ放棄していたように思います。

20207月に妻と結婚

妻から海外への思いを聞いた当時は、30歳にもなって仕事をやめてワーホリなんて!と正直思いました。安定した仕事で、普通に生活するには困らないくらいの収入はありました。

しかし、妻と話し合い価値観を共有することで、自分の中で【なんとかなるか】と思えるようになり、仕事を辞め、ワーホリという決断に至ったわけです。

妻の影響での海外生活ですが、今は本当に来てよかったなと思っています。

2 COMMENTS

poko

こんにちは!ブログ初投稿おつかれさまです!これから楽しみにしてます😊

返信する
queserasera117

コメントありがとうございます。あまり参考にならない内容で申し訳ございません。
こんな感じのブログでよければ是非今後も応援をお願いいたします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA