【アメリカドルに両替】トロントのチャイナタウンにある両替所に行ってきました

なんとかなる。

こんにちは。

6月12日、アメリカへ入国する際のPCR検査が不要になりましたね。

参照:CDC

元々、ワーホリ先をトロントにしたのは、ニューヨークに行くため。

PCR検査が不要になる最高のタイミングで、来週からニューヨークへ行ってきます。

どんなに安くても1人80ドルくらいのPCR費用は覚悟していたので、これが無くなるのは本当にラッキーでした。浮いたお金でおいしいものを食べてきます。

さて、ニューヨークでは意外と現金を使う場面があるとの情報をネットで見たので、現金を用意するために、トロントにある両替所でカナダドルをアメリカドルに換えてきました。

MY CURRENCY SHOPPE

トロントで手数料を安く両替できる場所をネットで探すと、こちらの両替所がおすすめとのこと。

以前はGoldium FXという名前だったようですが、現在はMY CURRENCY SHOPPEに変更されているようです。

クチコミを見ても悪い評価は少なく、手数料は安そうだったので行ってみました。
※ホームページには手数料無料と大きく書いてありますが実際はどうなのか。

こちらの両替所、トロントのチャイナタウンであるSpadina Ave沿いにあるとても小さく、正直外観はちょっと怪しめな換金所。

情報が無かったら絶対入らないと思います。

Spadina AveとDundas Stの交差点にあるので、アクセスは抜群。

ダウンタウンからは505番のストリートカーで、グリーンラインにお住まいの方も、Spadina駅からストリートカーに乗り継いでいくことができます。

このあたりの移動はストリートカーが便利。

近くにケンジントンマーケットもあるので、両替の際は一緒に訪ねてみることをお勧めします。

ここのタコスが、おいしくてコスパがいいと思います。

いざ、店内へ

店内はとても狭く、2つの窓口と待合スペースが1~2組分程度。

店内が狭いので、入った瞬間に声を掛けられ、少し焦りました。(英文を用意し忘れた。)

とっさに、

Can I change Canada dollar to America dollar?

何とか伝わりました。お店を出た後、翻訳アプリを確認すると、

Can I exchange Canadian dollars into U.S dollars?

おしい。自分の成長を少しだけ実感しました。(自分に甘い。)

すると、窓口の中国系お姉さんが電卓をパチパチたたき、レートを提示してきます。

【1.31○○○○】

事前にレートを確認してくるのも忘れました。

これがいいレートなのかどうかが判断できませんでしたが、400CADを支払う私。
※CASH ONLYなので忘れずに現金を持参しましょう。

すぐに両替をしてくれて、領収書と現金を渡されて終了。

初めてのアメリカドル。カナダドルに慣れたせいか汚く感じる。

特にサインや身分証の提示も無く、1~2分で終了しました。

領収書を確認

両替後、レートを確認。

実際のレートであれば400 CADが307 USDくらいになるはずでしたが、両替で手に入れたお金は304 USD。

3 USDほど手数料として取られたことになります。

利率として1%ほど。

調べてみると、空港や銀行で両替すると2~3%の手数料がかかるそうなので、そこよりはお得だったと思います。

領収書には手数料の表記が無いので、実際の手数料がいくらだったのかが調べないとわかないのがこの領収書の優しくないところ。

まとめ

両替所としてはイートンセンター内にもあるそうですが、レートは今回のお店が一番よさそうです。

ホームページには手数料無料とありますが、実際にはレートの中に手数料が1%ほど含まれているのでご注意を。

それでも銀行や空港で両替するよりは安いですよ。

以上、参考になれば嬉しいです。

ご査収ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA